2016年11月18日

祝!初めての翻訳!宗教は嫌いだけど神は信じるポーランド人にインタビュー!

ブラックメタル好きの皆さんは、アンブラックメタル(Unblack metal)というジャンルが存在するのをご存知でしょうか・・・

クリスチャン・ブラックメタルとも呼ばれていますね。

そういうジャンルがあるのは知っていても、音源を聴いたことはないという方も多いのではないかと思います。

かくいうわたしもそうでした。

アンブラックメタルのアーティストは、「アンチサタニスト・反悪魔教」というブラックメタルの基本スタイルとは正反対のスタイルで活動しています。

悪魔崇拝を掲げてなんぼなブラックメタルの世界に、なぜ悪魔を嫌う人たちが介入してくるんだ?そして、なんで音楽スタイルはブラックメタルなんだ?

・・・と、謎は深まるばかりで、もはや冗談半分でこういうジャンルが出来上がったのかなとすら思っていたのですが。

つい最近、その謎が少し解けました。

というのも、ポーランドにもアンブラックメタルバンドがいるんですよ。

ずいぶん前になるのですが、ポーランドのTV局でも彼らの実態についての番組が作られたくらいなのです!

その番組に出演していたのが、現在Elgibborというバンドで活躍するFireことJarekさん。

以前、彼とは一度だけ連絡を取ったことがあり、その際とても温厚な人だと感じたので、調子に乗ったわたしはダメもとでインタビューをお願いしてみました!

さっそく記事にしましたので、興味のある方はどうぞ!

ブラックメタルなのに神を信仰!?謎多きアンブラックメタルバンドElgibborにインタビュー!

彼にインタビューをしてみて、あぁ、アンブラックメタルをやってるからって、特に悪魔に対して大反対しているわけでも、キリスト教を讃頌しているわけでもなく、自分の生活にうまく「神様」という存在を取り入れているだけなんだなぁと。

わたしもどちらかというと、宗教は好きではないです。

宗教は人の心に安らぎを与えて時には人を助けてくれるけれど、ひとつの宗教を信じることによって弊害が起きることもある。

それは海外に来てから余計感じるようになりました。

日本にいたらそんなこと考える必要も無かったし、宗教とは無縁の生活をしていたので、当然と言えば当然です。

ただ、わたし自身、昔からなんとな〜く「神様」というか、言葉では説明できない未知の力を感じることがありました。

幼いころから、何かがあると「お願いします・・・」と天に祈っていたんです。笑

だからと言って、「イエス様、わたしをお助けください」というわけではなく、

「誰でも良いから、わたしを助けて。お願い・・・」と言った都合のいいもので(笑)

ただ、そういう祈りをすることによって、少しでも救われた気になったり、時には本当に救われたりするようなこともあったりして(チェコで野宿した時とかねw)、何か、自分の力を超えた別の未知なる力に守られているということは常々感じていました。

話はだいぶそれましたが、Fire氏もまさにそんな感じで、生活にうまいこと「神」の存在を取り入れて、それとうまく共存しているんだろうなぁと。

彼の「宗教は嫌いだ。でも神は信じる」という発言がわたしはとても好きなのですが、これこそがこの世の中においてもっとも平和な信仰なんじゃないかな、という気がするんです。

宗教にとらわれず、すべてのものに神が宿っていると考えて、すべてのものに感謝する。いや、彼が普段どれだけのものに感謝しているかは知りませんが(笑)、少なくともやり取りをしていて感じたのは、この人の心の穏やかさ。

それはこんな平和な信仰心から来るものなのではないかなぁ。

心を豊かに、穏やかにするためには、「宗教」にとらわれる必要なんてなく、自由に信仰しても良いんだよなぁ。

わたしもブラックメタルを聴き始めた高校生くらいの頃は、必死に悪魔教を理解しようと頑張っていたので(笑)、本気のサタニストだった頃のFire氏の気持ちも少しは分かる気がします。

悪い奴、ちょっとヤバい奴でいるのって、かなり労力を使うこと。笑

今でこそ多種多様なアーティストも増えましたが、たかだか10年くらい前までは「ブラックメタル」っていうものは悪魔を崇拝してなんぼの世界、もしそれができないなら本物のブラックメタルじゃない、みたいな考えがはびこってませんでした? あれ、わたしの思いこみ?笑

ブラックメタルはオシャレなんかじゃねぇ!ふざけてる奴らはとっとと消え失せな!ブラックメタルなんか聴く資格はねぇ!!みたいな。笑

Fire氏は、それこそ10年以上前からブラックメタルの世界で、しかもポーランドというブラックメタル先進国の一国(勝手に決めたw)で活動して来たので、わたしなんかよりもっともっと危ない人たちを見てきたはず。

そんな異常な世界に身を置くのが疲れたんでしょうね、いくらブラックメタルの音楽性は好きとは言え。

そして、死のうと思っていたところで、神への信仰が目覚めた、と。

面白いのは、神を信じるようになったものの、キリスト教を信じるようになったわけではないということ。

ポーランドはカトリックが90%以上という国ですが、わたしの彼いわく、この国に住んでいれば、カトリックの良い面よりも悪い面が見えてくることもた〜くさんあると。

しかも、半ば強制のようにカトリックであることを押し付けられるからね。笑

Fire氏もそれに対する反抗心があったり、カトリックの嫌な面も見て来たんだろう。

だからこそ、あえてキリスト教ではなく、森羅万象の神を信じるようになった、と。


はい、長いね、語りすぎたね、だらだらと。笑

いや〜、今回のインタビューは本当に色々と知らないことが知れて、翻訳しながら楽しくて楽しくて仕方なかったです!

我ながら良いところに着目したなぁと思います!笑

実は、わたしは自分の語学力に自信がなく、いまだに英語は中学生レベルだと思っているのですが、前々からポーランドのバンドにインタビューをしたいとずーっと思っていて!

これがわたしの翻訳初デビュー!(笑)めでたしめでたし!今夜は酒飲むぞ!

今後も興味のあるバンドやアーティストがいたらインタビューしてみたいと思います!

皆さんも何かリクエストがあればご意見ください

わたし的には、次はBatushkaあたりを考えています!


気に入ったらクリックして応援してね!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

【Facebook】
https://www.facebook.com/MetalmaniaSAYUKI/

【Twitter】
https://twitter.com/MetalSayuki

【My shop】
https://suzuri.jp/Metal_Mania_Sayuki

posted by ざれうすか at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランドのメタル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

ライブレポートが完成したよ!ポーランドのライブハウスやブラックメタルに興味ある人はぜひ!

先日のポーランドの小さな町、Żagańで行われたAronaライブの記事が完成しました!

Arkonaに興味がある人、ポーランドのブラックメタルに興味がある人、ポーランドのライブハウスに興味がある人、ポーランドの田舎町に興味がある人、なんかもうよくわかんないけど気になる人は、ぜひ読んでみてね


ポーランドのブラックメタルArkonaのライブをド田舎の倉庫で観て来たよ
http://www.qetic.jp/column/metalmaniasayuki/sayuki-04/211438/


明日のドイツはオーバーハウゼンでのライブも動画にする予定なので、興味がある人は楽しみにしててね〜



【Facebook】
https://www.facebook.com/MetalmaniaSAYUKI/

【Twitter】
https://twitter.com/MetalSayuki

【My shop】
https://suzuri.jp/Metal_Mania_Sayuki

気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

posted by ざれうすか at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランドのメタル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

わたし、嘘つきじゃないもん!

わたしがポーリッシュブラックメタルのジャケ弁動画を作り始めた頃、それはそれはよくいろんなバンドから連絡をもらったものだ・・・

「俺たちのバンドのジャケ弁も作ってくれ〜〜〜」と。

しかし、その頃のわたしは(とはいえほんの数か月前だが・・・w)、すこぶる調子に乗っていた。

「ごめん、今は忙しくて作る時間がないんだ」「ごめん、正直あなたのバンドの音楽はわたしの趣味には合わないんだ」などと言ってバンバン依頼を断っていた。

実際、ゲストハウスの仕事はそこまで忙しくもなく、週末のスナック出勤時も、暇ならスマホで動画編集をしたりできるし、作ろうと思えば作れた。

が、「いや、自分の好きなバンドのものだけ作りたい」と選り好みし過ぎて、連絡をしてきてくれたバンドの弁当はほぼ作らなかった・・・



ポーランドにやってきて約3か月。

そういえば、わたし、2月に受けたインタビューで「ポーランドの食材を使って弁当を作りたい」って答えなかったっけ・・・?

ピエロギとか果物を使って・・・って言わなかったっけ?

言ったよね?

でももう3か月もたつのに何も作ってないよね?

わたし、口だけ女じゃん!!

そんなの嫌っ!!!

というわけで、ずいぶんと前に連絡をいただいていたポーランドのブラックメタルバンド、"Sauron"さんのジャケ弁を作ってみました!



ちゃんとポーランドの食材、ブラチュキ(ビーツ)も使ってやったぜ!

そして、これはポーランド独自の食べ物ではないと思うのですが、わたしのお気に入りのクスクスと呼ばれるものも使いました。

大麦・・・?なんなんだ、これ・・・?よくわからないのですが、好きでしょっちゅう食べています。

初の試みとして、なんとなく動画内でポーランド語を話してみました。笑

何だかぎこちなさすぎるw



完成した動画をバンドのメンバーに送ると、えらい喜んでくれてFacebookページでシェアもしてくれました

https://www.facebook.com/SauronPoland/?fref=nf

Sauronは、ポーランド国内でもさして有名なバンドではないのですが、なかなかユニークなブラックメタルでわたしは好きです。

メンバーは現在ポーランドではなくノルウェーに住んでいるそうですが・・・。

何はともあれ、ポーランドのバンドのお役に少しでもたてたなら、おいらは嬉しいよ・・・

今後も、何かネタが見つかったら、ジャケ弁シリーズを続けようと思います



気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


posted by ざれうすか at 20:53 | Comment(5) | TrackBack(0) | ポーランドのメタル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

Cień(チェニ)

2009年にポーランド南部の世界遺産都市クラクフで結成されたブラックメタルバンド、Cień(チェニ)。

Cieńはポーランド語で、「影」という意味です。

2016年今現在、フルアルバムも1枚しかリリースされておらず、まだまだ駆け出しのバンドという感じが否めないのですが、ポスト・ブラック、シューゲイザー・ブラック好きには胸を張ってオススメします



ボーカルはわたしの1個上の青年なのですが、ジャンキーっぽい見た目の割には親切でフレンドリーw

わたしが作ったCieńの動画も、バンドと自分のFacebookページでシェアしてくれました

また、そのうちインタビューさせてね!と伝えると、「今度ライブをやるときはぜひおいで」と言ってくれました

日本ではまだまだ知られていないこのバンド、正直言ってしまうとポーランド国内でも有名ではありません。

それでも、メロディセンスにはキラリと光る個性があり、このテのブラックメタルが好きな人にはたまらないと思います。

オススメの曲はこちら



2014年にリリースされた初のフルアルバム"Ecce Homo"から"Umarły krzyk"という曲です。

「死の叫び声」みたいな意味なのですが、そのわりには結構ポジティブな印象さえ受ける曲。笑

ポスト・ブラックとかデプレッシブ・ブラックの面白いところって、歌詞などは絶望的なのですが、メロディはどこか希望に溢れたようなあっけらかんとした爽やかさがあって、それが逆に不気味で良いんですよね



今現在、フルアルバムは1枚しか出していませんが、これからの活躍に期待できそうなバンドです。

オールドスクールなゴリゴリのブラックメタルも良いですが、こういう今風の爽やか系ブラックもどんどん活躍していって欲しいです!



気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村





posted by ざれうすか at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランドのメタル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

Witchmaster(ウィッチマスター)

1996年にポーランド西部の街Zielona Góra(ジェロナ・グラ)で結成された、ブラック/スラッシュ・メタルバンド、Witchmaster(ウィッチマスター)。

現在、リーダーのGeryonはロンドンでタトゥーアーティストとしても活動しています。

そして、ドラムはなんと!BehemothのInfernoということになっているのですが、もう彼は数年前からWitchmasterのライブでは演奏していません。

Infernoの代わりにライブでドラムを務めるのが、同じくジェロナ・グラ出身のブラックメタルバンドTaranや、デスメタルバンドSupreme LordのドラマーであるZaala。

Infernoよりだいぶ小柄な彼ですが(ていうかInfernoが大きすぎるよね)、インフェルノに負けないくらいのパワフルで迫力のあるドラミングを披露してくれます。

ベースボーカルのReyashは、過去にVaderでも活動し、USのデスメタルバンドIncantationのライブでもベースを演奏していました。

現在はポーランドの大ベテランブラックChrist Agonyや、Zaalaもドラムを務めるSupreme Lordでも活動しています。



Witchmasterは、ボーカルのBastisいわく、「うんたらかんたらスラッシュメタル」(←ごめんなさい、力説してもらったのによく覚えていませんw)という妙に長ったらしいジャンル名を主張していましたが・・・

ブラックメタルの要素も入ったスラッシュメタルというのが妥当でしょうか。

3分以上の曲は少なく、短い曲が圧倒的に多いです。

そして正直、単調な曲が多いのですが、ライブでは盛り上がります。

とにかくバーーーッと勢い良く始まり、一瞬で終わる、みたいな。笑

実際にライブに行くと、最初から最後まで観客は沸きっぱなし、モッシュもたいてい毎回起きます。

また、稚拙な印象を受ける曲名が個人的に結構ツボです。

"Black Goat Sacrifice"とか"Possessed by Satan"とか・・・

物凄く適当につけたタイトルといった感じがして、いつもボーカルがライブ時に曲名を言うたびにわたしは吹き出しそうになっていました。笑

特にこれと言ってオススメの曲はないのですが(こら)、うまくライブ映像が編集されている動画を紹介しておきます。



2014年にリリースされたアルバム"Antichristus ex utero"からセルフタイトルの曲です。

何も考えずに、とにかく暴れたい人向きのバンドだと思います!



一応バンドのホームページはあります。

Facebookページもありますよ。



気に入ったら、クリックして応援してね

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


posted by ざれうすか at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランドのメタル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする