2016年05月12日

半年ちょっと続いたわたしたちの遠距離恋愛について

最近、恋愛話をまったくしていなかったので、たまにはしてみるかな・・・

Zとポーランド、日本間での遠距離恋愛が始まって半年ちょっと。

日本に帰ってきた当初は1年間遠距離のはずでしたが、一気に半分に短くなりました

ポーランドを去るとき、約1年ほぼ毎日、それこそお風呂に入るときもいっつも一緒にいた人と離れ離れになるなんて、わたしは死んでしまうのではないだろうか・・・と心配していました。

しかし、日本に帰ってきて2週間ほど実家で過ごした後、生まれ故郷とは縁もゆかりも無い土地に向かいました。

そこで、4ヶ月ちょっとホステルで働いて、それこそ色々な人とかかわって話をして、刺激を受けたり刺激を与えたり・・・

週末はスナックにも仕事に行っていましたね

そんなわけで、こちらはこちらで忙しくしていたため、あまりZのことが恋しくなることはありませんでした。笑



それでもホステルで働き始めて2週間くらいは、なんとなくポーランドのことで頭がいっぱいでした。

新しい環境になると、最初は多少なりともストレスを感じますもんね。

そんなときに、「あぁ、Zがすぐそばにいてくれたらな」と考えたりもしていました。

ZもZでとてもわたしのことを心配していたので、そこのホステルでZとちょっとの間一緒に働けないかな?(ZにはWWOOFという制度を使ってきてもらおうと思っていた)とほんの少しだけ計画していたこともありました。



しかしちょうどその頃、「わたしはこのまま日本にいた方がいいのかな。言葉だって通じるし、仕事も何でもある。家族や友達にもすぐに会えるし、東京に行けば楽しいことで溢れてる」と同時に思ってもいました。

そんなときに、ポーランドから旅行に来ていた親子と話をしたんです。(そのときの話はこちら

ポーランドのとても素朴で変に飾り気がなくて素敵な一面を、その家族と出会ったおかげで思い出し、やっぱりわたしはポーランドが好きなんだなぁ、と感じたのを覚えています。



本当は4月から日本語教師の養成講座に半年通う予定でしたが、自分にあまりにも日本語教師に対する熱意が沸いてこなかったことと、2月から始めたYoutube動画が思いのほか成功したことから、ばっさり日本語教師の案は捨てて、早いところポーランドに戻ることにしました。

「ポーランドに戻ったら何するの?」「もう仕事決まってるの?」「彼氏と結婚するの?」と、大勢の方から聞かれます。

戻ったらばかな動画作成を続けます。向こうで現地の人とコラボしたりするかもしれませんね

仕事は何も決まっていません。いろいろな方が協力してくれようとしていますが、みんながどのくらい本気で言ってくれているのかはわからないので、みなさんのご厚意はありがたいですが正直アテにしていません。

彼氏とはビザが切れる1年2ヵ月後までには、いずれにしろ決着を出さなくてはならないのですが、たぶんいつか結婚するでしょう。笑



・・・って、結局またあんまり恋愛関係ない話になってるし

う〜ん、恋愛ね・・・

わたしは、小学生、いや幼稚園生の頃から、常に好きな人、憧れの人はずーっと欠かすことなくいました。

学校の先輩だったり、CD屋の店員さんだったり、はたまたバンドメンバーだったり。

そのため、わたしは恋愛体質なんだろうな〜と思って来ましたが、わりとそうでも無いのかな?と、この半年ちょっとの遠距離恋愛で感じました。

日本での生活が思っていた以上に楽しくて、また面白い人生を送っている人たちにたくさん出会ったおかげで、恋愛以外のところにベクトルが向けられていたというのもあるかもしれません。

それか、絶対に浮気しないだろうなと思わせてくれる気持ち悪いくらい誠実な(ごめんw)Zのおかげで、離れていてもわたしたちの関係が悪化することは無いだろうな、と安心していられたというのもあるのかも

Zはわたしの奔放な生活にヒヤヒヤして常時心配していたようですが・・・

わたしが友達に会うと言えば、「どこの男だ?」「どうせそいつと寝るんだろ!」と、おそろしいほどの被害妄想っぷりを発揮してくれましたが、最後のほうは向こうも冗談で言ってきていました



向こうに戻ったら、またZの監視下に置かれ(笑)、ストレスを感じることもあるでしょう。

スーパーにひとりで行くにも心配されて家から出てわたしの帰りを待つような、どうしようもない心配性のZですから、このフラフラした放浪癖のあるわたしと衝突したりもすることでしょう。

それでも、いつもわたしのことを一番に心配してくれて、イカつい見た目なのに心は繊細でガラスのように壊れやすい心を持った彼と(笑)、仲良くやっていきたいと思います



結論。

遠距離恋愛、心配していたほど大変じゃなかった。笑



気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠距離恋愛 ポーランド×日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

すっかり忘れていたけれど・・・

そういえば、もうずいぶん前(1月末くらい)にポーランドに送った小包ですが・・・(バレンタインのプレゼント、こんなもので喜ぶかな・・・

すっかりこちらで報告するのを忘れていましたが、送ってから1ヶ月ちょっとで無事にZの元へ届きました

ポーランドの郵便事情はそこまで悪くないことは知っていたので、特に心配はしていなかったのですが、郵便局の窓口のお姉さんには「やめたほうが良いですよ!」と本気で言われてほんの少しだけ気にしていました。笑

でも、時間は多少かかりましたが、安い値段で無事に送ることが出来て大満足

さて、このとき送ったのは、大量のお菓子(バレンタインに向けて・・・)だったのですが、Zも気に入ったようで、職場の人やバンド仲間にも分けたり、お母さんにはアルフォートをあげたりしていました

ちょうどZがこ小包を受け取った日は、ポーランドの女性の日(3月8日)だったので、職場の女性陣にゆず茶をあげたそうです。

しかし3袋しか入っていないことに気付かず全部あげてしまって、結局俺は飲めなかった・・・とぼやいていましたが

でも、その日家に帰ったら、ゆず茶を飲んだ職場の女性がわざわざ「美味しかったよ、ありがとう」と連絡してきてくれたそうです

みんなに喜んでもらえたようで、送った甲斐がありました



しかし、今回送った大量のお菓子の中で、Zが「これだけはちょっと・・・」と最後まで完食できなかったもの・・・

それは・・・

















抹茶味のマシュマロ!

彼の第一の感想は「何これ、草じゃん」

その後も、「うさぎのえさみたいな味」「ダメだ、せっかく送ってもらったのに悪いけど、気持ち悪くなってきた・・・」ということで、少しだけ食べて人にあげたとか。笑

抹茶キャラメルは大丈夫だったようですが、マシュマロはなぜかダメだったみたい・・・

そういえば、あと、わたパチは「美味しい〜〜〜」と喜んでいました




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村





posted by ざれうすか at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠距離恋愛 ポーランド×日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

わたしはゴミ箱なのか?

昨日はポーランド人のゲストが宿泊に来ました!

とても英語が上手で、そして控えめで賢そうな彼。

わたしがポーランドに住んでいたと伝えると、すごく嬉しそうにポーランド語でいろいろ聞いてきてくれました。

しかし、普段Zとはポーランド語で身の無い会話しかしていないわたしは、彼のポーランド語が半分も理解できず

それでも、久しぶりに日本でポーランド語が聞けて嬉しかったです

本当はもっとポーランド語でお話したかったのですが、別の国出身の彼女と来ていたので・・・

わたしと彼でポーランド語で話をして彼女を村八分にするのも怖かったので、結局あまり話せず

なので、隣にいた中国人の男の子と大好きな中国映画の話をしていました。笑

中国映画の話が出来る人ってあまりいないので凄く嬉しかったなぁ



そして、Zが昨日「君にドレスをGETしたよ」とメールしてきたのですが・・・

「どうしたの?」と聞くと・・・













「掃除中に列車の中で拾った」



車内での拾得物、いうならばゴミをリュックに入れてわたしのために持ち帰ってきたそうです。笑

「サイズはMだから君も着られると思うんだけど・・・すごくセクシーなドレスなんだよ」と、送ってきた写真を見ると・・・

キャバ嬢が着てそうな黒のロングドレスw

これ、どうしろって言うの?ポーランドにキャバクラ無いよね?あったら働きたいけどあっても働かせてくれないでしょ?

列車の中で拾った誰のものかもわからないドレスをわたしにプレゼントしようとしてくれているZ・・・

なんだか憎めないなぁ、ほんとに。笑

とはいえ、わたしもゲストの人が忘れて行った服や化粧品、靴下などなどかまわず使っているので、このドレスもありがたくいただきます



そして、ポーランドには6月までに戻る予定です




おばかなカップルを応援してくださる心優しいお方はバナーをクリックしてあげてくださいな

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚ランキングへ
posted by ざれうすか at 13:19 | Comment(7) | TrackBack(0) | 遠距離恋愛 ポーランド×日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

おっさんに萌える女の気持ち

わたしとZはいつもFacebookのメッセンジャーでやり取りをしています。

そして、わたしと出会ったばかりの頃は、「こんなの必要ない」と滅多にスタンプを使わなかったZ。

それが今は、ありとあらゆるスタンプを駆使してメッセージを送ってきます

こないだ思わず笑ってしまったのがこちら。

021.PNG

最近、毎晩のように悪夢に悩まされている彼ですが、この日もやはり悪夢を見てしまった模様

「なんで眠れないんだ!もう嫌だ!」だのなんだのぶつぶつ言ってきた後に、怒ったねこ?のスタンプ

そして、「寝なきゃ、寝ないといけないんだよ、3、2、1、はい寝た」に続く、枕を濡らすクマのスタンプ

Zは本当に見かけによらずおちゃめだったり可愛いことをしてきたりするので、一緒に住んでいたときもそうでしたが、ときどき「めんどくさいおっさんだな」と思いつつも、結構キュンとさせてくれます



そういえば、キュンとしたというか、こないだ起きた嬉しかったこと。

毎日のようにいろいろなことを話す知人とあれこれ話していたところ、「話聞いてると、よくお金お金言ってるよね。お金に対して不安を抱きすぎるのもどうかと思うよ」と言われてちょっとショックでした。

確かにわたしはお金が尽きることに対する恐怖が人一倍強く、いつもとにかく貯金をしたいタイプなのですが、人によってはわたしのそういう考え方が過剰に見えるようです。うん、わからなくもないが。笑

こういう恐怖が芽生えたのも、今まで本当に文無しの人を身近に何人か見てきて、その人たちがすべてにおいて苦労しているのを見ていたからかもしれません。(日本でかつて付き合っていた人たちですが・・・笑。わたしきっとダメンズウォーカーなんですね)

このことをZに伝えました。

「今日、お金のこと心配しすぎって言われたよ。わたし過度なケチなのかな」

すると、

「君はケチなんかじゃない。

俺に君のハートをくれたじゃないか」

このセリフに少し萌えるわたし

Zはさらに嬉しいことをたくさん言ってくれました。

「それに君は今までいっぱい働いて頑張ってお金を貯めた。

それに今も将来のためを思って貯めてるんだし、それの何が悪いの?

自分が一生懸命貯めたお金をキープしておきたいのは当たり前のことだよ」

しかし、わたしが実際にZと一緒に暮らしていたときは、Zにも「いっつも金の話ばっかりしてんな」と言われたりもしていました。笑

その度に「だって、このお金は、今までわたしが体を壊してまで貯めたお金なんだよ!だから無駄なことに使いたくないに決まってるじゃん!」と、もうそれはおそろしいほどの金の亡者といった様子で泣いて反論していました。笑

けれど、上記のようにわたしを慰めてくれたと言うことは、わたしの洗脳の甲斐あって、Zも考え方が変わったのでしょうか。。。

ときどき財布の紐がかたすぎる自分に嫌気がさしたりすることもありますが・・・

使うところには使っているのでよしとしよう



話は変わって、今日はポーランドでは「脂の木曜日」という特別な日です。

ポンチキというドーナツを食べられるだけ食べる日です。

オーナーのはからいで今晩は、ポンチキを作ってゲストに振舞う予定です

オーナーがポーランドのウォッカ、ズブロッカも2本買ってきてくれました

わたしはズブロッカは好きじゃないのですが(バイソングラスが入っていてヨモギのような味がする・・・)、ポーランドらしいお酒と言ったらこれと、あとはアルコール度数95パーセントのスピリタスしかないので、今晩たらふく飲んだとしても明日も人間として生きていける方のお酒を選びました。(Zもズブロッカは嫌いだそうです。ポーランドでズブロッカ飲んでる人1回しか見たことなかった。笑)

今晩のゲストにポーランド人はいないけど、デンマーク人がいたような・・・

デンマーク人もやっぱりお酒に強いのかな?



いつもありがとうございます
こんなわたしを応援してくださる方は、ぜひバナーをワンクリックしてあげてくださいな

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚ランキングへ


posted by ざれうすか at 10:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠距離恋愛 ポーランド×日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

やっぱりわたしの彼氏は、この人じゃないとダメなんだと思ったこと

昨夜、夜のお仕事中に、お客さんが入れてくれたボトルを落として割ってしまったわたし。

水商売は細々と7年くらいやってきましたが、ボトルを落とすなんて初めて。

キープボトルどころかお酒のボトルは一度も落としたことがないのに・・・

幸い、そのときいたお客さんはとても優しくて物凄く心配してくれて、わたしも「やだも〜!わたしほんとにドジだよね、信じられない〜!」と焦っていないふりをしましたが・・・

そそっかしい自分に嫌気がさして、心の中で何度もため息をつきながら片づけをしました。

さらには、テンパっていたわたしは、別のお客さんから預かっていたコートをお返しするのを忘れてしまい、気付いたときには時すでに遅し・・・

もうお客さんの姿は見えなくなっていました。

落ち着きのなさと、そそっかしさ、忘れやすい性格など、昨夜は自分のマイナス面ばかりが一気に表出してしまった気がして、何だか本当にガックリと落ち込みました。

何してるんだろう、わたし・・・やっぱりプロ意識が低いのかな・・・何でこうもそそっかしいんだろう・・・などなど、仕事終わりに肩を落としながら携帯を見ると、Zからたくさんメッセージが来ていました。

昨日は早い時間からお店が混んでいたので、彼とはまったく連絡が取れず、非常に心配していた様子です。

帰り道に、とぼとぼ歩きながらZに電話をかけました。

そういえば、最近電話してなかったな。一ヶ月ぶりくらいに話したような気がします。

「Halo」

久しぶりに聞く懐かしいZの声・・・

何だか少し恥ずかしくて「Halo・・・」しか返せずに、少しの間黙ってしまいました。

すると、「Co się stało?(どうしたの?)」と何度も心配そうに聞いてくる彼。

その声を聞いたら、妙に安心してしまい、肩の力が抜けて泣きそうになりながら、

「Zmęczona...Bardzo...Bardzo...(すごく疲れた)」

と言うと、何度も「どうしたの?どうしたの?スクラダチク(わたしのあだ名)・・・」と心配してきます。

「今夜はちょっと過ちを犯したよ・・・お客さんのボトルを割っちゃったの」

「あらら・・・でももう安全?部屋に着いた?」

「ううん、まだ帰ってるところ。もう少しで着くよ」

「道路には誰か人いる?変な人はいない?馬鹿なパブめ。君がそこで働くのが本当に嫌だ。心配で死にそうだよ」

「ごめんね。でも明日も出勤しないと。予約入ってるし・・・大好きだよ・・・」

「・・・Ja też(俺も)・・・Ja też・・・」

そして彼は泣いていました。

昨夜はわたしが本当に疲れていて、テンションも今までにないくらいとても低く塞ぎこんでいたので、ただならぬ状況だと感じたのでしょう。

「ゲストハウスに着いたよ。ちょっと何か食べて寝るね。泣かないで・・・」

「うん・・・早く食べてゆっくり寝なよ・・・」

電話を切ると、彼からメッセージが。

「過ちを犯したって聞いたとき、君が誰か他の男と寝たんじゃないかと思った。君がパブに出勤するたびに心配で心配で仕方ない。君を失いたくない。いや、失えないんだよ。君がいなくなったら、どうしたらいいんだ。君は俺の全てだよ」

彼にこんな心配をかけてまで、水商売をやってる自分って何なんだろう・・・

お客さんには彼氏はいないと嘘までついて・・・

そして夜のお仕事がある日は、帰ってくるのが夜中の1時、2時過ぎになるわたし。

Zはいつもいつも胸が張り裂けるほど心配しているようで、「ちゃんと着いた?何かおかしなことはなかった?変な人はいなかった?」と聞いてきます。

それでも、そんな不安を一生懸命抑えて、わたしがポーランドに戻るのを待ち続けている彼。

わたしが過去に犯した過ち(ボトルを割ることではない。笑)も、彼は正直今でも受け入れられないだろうけど、どうにかそれを受け入れようと頑張ってくれる優しさ。

信じられないくらいにわたしに夢中になってくれて、いつもわたしのことを考えてくれる。

この人に出会えて良かったな・・・そして、わたし、この人じゃないとダメだ、たぶん・・・

そう思った雪の夜でした。



いつもありがとうございます
わたしたちカップルを応援してくださる心優しいお方は、バナーをクリックしてあげてくださいな

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚ランキングへ


posted by ざれうすか at 14:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 遠距離恋愛 ポーランド×日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする