2016年05月13日

恋のトンネルinポーランド

皆様、「恋のトンネル」はご存知でしょうか?

ウクライナの辺鄙な場所にある線路なのですが、樹木で生い茂っていて、まるでトンネルのようになっているのです



そして、わたしたちが夏の間すごした大きな庭ですが…

そちらにも、小さな恋のトンネルがありました

118.JPG

123.JPG

なぜか和風の竹やぶもあったり・・・

135.JPG

そして、いつだったか、この庭から虹が見えたこともありました

016.JPG




彼は、ここで過ごしている間、「人生で最高の夏だ!エジプト行ったときよりも、何倍も最高だよ」と、いつもおおはしゃぎしていました。

庭は高い木に囲まれていて外からは見えませんし、池でも泳げるので、まるでパラダイス・・・

草むしりをしたり、茂がりを整えたり、池の掃除をしたり…で、お腹がすいたらBBQをして、眠くなったらマットレスの浮き輪を池に浮かばせてその上で寝たり・・・(わたしは少し水恐怖症なので寝ることはできませんでしたが…)

今思い出しても、とても素敵な夏でした。

先日、この庭の家主からZのところへ連絡がきて、「今年もあの庭の手入れをしてください。またグリルやっても良いよ」と頼まれたそうです

Zは「やったーまたあの庭に行ける〜」今から楽しみにしています

でも、この家は今、すでに売りに出されてしまっていて、どうやら買い手が付きそうだとか。

そうすると、ここで過ごす夏は、今年の夏が最後かな。



気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

ポーランド人の名前

ポーランドは日本と違って、名前をすでに決められた選択肢の中から選ぶ場合が原則なので、あまり自由に好き勝手な名前をつけられません。

そのためポーランド人は、ビックリするくらい同じ名前の人が多いです

まずZの名前は"クシシュトフ(Krzysztof)"で、英語でいうところの"クリストファー"。

この名前の人、非常に多いんです

なのでZも、いつも苗字をもじったあだ名で呼ばれています。

そして、クシシュトフに並んでわたしのまわりに多いのが"ミハウ(Michał)"、英語のマイケルです。

もうミハウの多さは尋常ではなく、わたしとZの共通の知り合いに5、6人はいました。

なのでいつも、「シロンスクのミハウ」「音響係のミハウ」「マリタの彼氏のミハウ」などなど、名前の前に何らかの情報をつけないと区別できません

そのほかにわたしのまわりに多かったのは、"マチェイ(Maciej)"、"トマシュ(Tomasz)"、"ダリウシュ(Dariusz)"などなど。



一方、女性で多いのは、Anna(アンナ)でした。

いや〜、本当にアンナの多さは異常!

Zの元嫁もアンナだし、わたしがお酒で記憶を飛ばしたときに甲斐甲斐しく面倒をみてくれた美女もアンナ、そしてバンド関係の知り合いにもアンナ・・・

あとはAleksandra(アレクサンドラ)も、わたしのまわりには結構いたなぁ。

そしてなぜかアレクサンドラの愛称は"オラ"というスペイン風の呼び方なのがいつも気になります・・・



そういえば、この間、行きつけのバーのマスターと話していた時、「あたしの彼氏の名前ね、すごく言いづらいの!あのね、クシシュトフ・キェシロフスキって言うんだよ!」と熱弁していたのですが・・・

クシシュトフ・キェシロフスキって、映画監督の名前じゃん。笑

少ししてから気付いて、恥ずかしくなりました。

Zのことはいつもあだ名で呼んでいて、クシシュトフや短縮形のクシシェクなどで呼ばないので、

酔っ払って、いつも言い慣れたキェシロフスキ監督の名前を言ってしまったんでしょうね。

最悪な女だな



気が向いたらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


posted by ざれうすか at 00:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

彼氏が住所不定だった件

アメリカ人と結婚する予定の知り合いの女性と話していて、「外国ってお役所仕事が適当だよね〜!」という話になりふと思い出したポーランドでの出来事・・・

去年の10月、ポーランドで総選挙がありました。

Zは、投票しにIDカードを持って近くの投票所に行きました。

すると、なにやらちょっと怒った浮かない顔をして戻ってきた彼。

「どしたん!?ちゃんと投票できた?」と聞くと、

「ハッ、投票できなかったし、無駄に恥かいたよ」と・・・



なにやら、投票所のスタッフに「あなたの名前が帳簿に存在しません」と言われたそう。

そうなんです、彼は約10年前にに作ったIDを持っているのですが、そのIDの住所が数年前まで元奥さんと住んでいたアパートの住所のままなのです。

(ポーランド人は全員、身分証明書としてIDカードを持っています。10年ごとに更新?のようです)

その上、元奥さんが彼の住所を同棲していたアパートから外したため、Zは実質住所不定状態



でも、わたしも彼も納得がいかないことが・・・

数ヶ月前、彼は住所をきちんと今住んでいる場所に変えようとして、市庁舎に行きました。

そこで、スタッフのおばさんに「あぁ、あなたのIDカードは来年で更新ですね。なら、今はそのIDの情報は特に変えなくて良いですよ。で、あなた次回の選挙行きますよね?ちゃんと次回の選挙で投票権を確保するために、こちらでデータだけは新しい住所に変えておきますね」と言われたそうです。

これだけだと、彼はIDカード上は過去の住所ですが、公のデータ上は今の新しい住所、ということになりますよね。



でも、それが違ったんです。

どうやら、市庁舎のスタッフは「次回の選挙(総選挙の数ヶ月前に行われた大統領選挙でした。就職活動などにかぶって彼は行かなかったのですが・・・w)の時だけ、不都合が無いようにあなたの住所を変えておきます」ということだったそうです。

そんなわけで、大統領選挙のためだけに一瞬だけデータが変えられていたものの、それから数ヵ月後の総選挙の時点では、彼の住所はデータ上では変わっていなかったのです。笑

彼はデータ上の住所=公の住所は、ちゃんと更新されたものだと思って行ったのに、

投票所で「いや、あなたのデータは全く無いですけど・・・」と言われ、ビックリ&恥をかいた!!と怒っていました

(小さな町のせいか、投票所には知り合いがいっぱいいたようで、見られたくないところを見られてしまった・・・といったところでしょうか



前回の選挙に行かなかった彼も彼ですが、この市庁舎の対応も一体どうなんだろうか・・・と感じてしまいました

Zも正真正銘のポーランド人ですが、こういった意味不明な対応は理解できないようで、だいぶご機嫌斜めのようでした


今後ポーランドでしばらく生活するにあたって、Zと一緒に「Ku〇wa」連発することが増えるだろうなぁ・・・笑


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

ポーランドのコンタクト事情

ポーランドにいたときに値段が高くて困ったもののひとつに、コンタクトレンズがあります

わたしは普段はメガネなのですが、ポーランドでは自転車に乗ったり、ライブに行ったり、Zの友達に会ったりするときはコンタクトをしていました。

最初はコスパを考えて、1年間使えるカラコンをつけていたのですが、ポーランド人からの評判はとても悪く・・・笑

日本だと「ハーフっぽくなって可愛い」と人気のカラコンですが、向こうでしようもんなら「不自然だ」「気持ち悪い」「何だか真ん中の黒目が固定されて獣のような目になってる」「その目でこっち見ないで」と散々の言われようでした

無難だと思っていたグレーやダークグリーンでも、違和感満載だそうです。

なので、ポーランドに住み始めて最初の2ヶ月ほどでカラコンはやめて、あらかじめ日本で3ヵ月分買っておいた1dayのクリアなコンタクトをつけていました。

しかし、そのコンタクトもいつかは尽きてしまうので、ポーランドでコンタクトを買おうとして、ポーランド国内でよく使われている通販サイトAllegroで検索してみました。

すると、わたしが日本で1箱1000円以下(送料込み)で買ったものと同じ商品が、だいたい1,500円+送料と、割高でビックリ・・・

Zに聞いたら、「コンタクトはポーランドでは需要無いんじゃない?俺のまわりでコンタクトつけてるのは君だけだよ」と言っていました

わたしもポーランドでコンタクトを使っている人は、今まで一人しかみたことありません。笑

しかし、日本だとネット通販でかなり安く買えるコンタクトですが、ポーランドでは日本で一番安い商品もそこそこの値段がしてしまうんですよね。(物価は日本より安いはずなのに、日用品は日本より高い・・・トイレットペーパーやカミソリも高いですよね

コンタクトの洗浄液、保存液も日本より少し高いので、ポーランド人でコンタクトを使える人って、結構お金持ちなのだろうか・・・なんて勝手に推測したりしています

そんなわけで、前回に学び、今回はあらかじめ楽天で2weekをたくさん買っておいたので、これで1年は軽く安心かな

ポーランドに住んでいて視力が悪い方はどうされていますか?

やっぱり長期で住んでいらっしゃる方は、ポーランド国内で購入されるのでしょうか・・・?

という素朴な疑問でした



今探してみたら、気持ち悪いカラコン写真を見つけました
この時は紫のカラコンをしていました。笑 
今だったらそんな色のカラコンなんて絶対つける気も起きませんが、この頃は夜の六本木で働いてもいたし、あんまり何も言われなかったなぁ・・・

216.JPG

しかも金髪ショートカットって、絶対Zが嫌いそうな髪形してたんだな、わたし。笑



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


posted by ざれうすか at 09:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

ポズナンの危ない奴

わたしがポーランドで仕事を探しているとき、ちょっと嫌な思いをしたことがありました

それは、ポズナンのバーに履歴書を送っていたときのこと。

まぁ、バーなんかじゃビザ発行してくれるわけも無いだろうけど、日本でもバーで働いていたし何だか楽しそうだし海外のバーで働いてみたいって思ってたし・・・

ということで、少しでも何かきっかけになれば良いと思い、わたしが住んでいた町から1時間ちょっとで行けるポズナンのありとあらゆるバーに履歴書を送っていました

そして、やみくもに送り続けていると、1件返信が・・・

ワクワクしながら期待に胸を膨らませてメールを開くと・・・

「一日に何回も連絡するのやめてもらえたら嬉しいんだけど?ポーランドにはあと2ヶ月しかいられないって?2ヶ月しか働けない奴を雇いたがる人なんていないよ」

ななななな何という失礼な男!笑

Zにもこれを伝えると、「あ、たぶんこの男、何軒かのクラブやバーを経営してるんじゃないかな?それを知らないで、そこすべてに履歴書送っちゃったんじゃないの?こんな奴ほっときな」と。

しかし、わたしは藁にもすがるような思いで職探しをしていたのを、この男にバカにされたような気がして、何か一言いってやらないと気が済みませんでした!笑

そこで、「もし、何通も送ってしまったのならすみません。でも、あなた、わたしの英語を勘違いしたみたいですね。2ヶ月だけしか働けないなんて言ってませんし、そもそも今は働けるビザが無いから2ヶ月すら働けません。わたしはただ、ビザを発行してくれる職場を探しているだけです」と返信すると・・・

「Facebookから君にメッセージを送ったよ」と連絡が来ました。

この野郎、わたしの履歴書をちゃ〜んとチェックして、勝手にわたしの本名をFacebookで検索したようです。

おそるおそるメッセージを開くと・・・

「ハイ!さっき連絡もらった○○だよ!で、ポズナンにはいつ来るの?俺たちはもっと知り合うべきだよ」と、さっきとは打って変わって気味悪いくらいフレンドリーになってやがる!!笑

Zもわたしも、こいつは絶対に怪しいと訝しんで、ポズナン在住でバンドのツアーを組んだりしているクラブやバーの事情に詳しい知人に、この男について知っているか聞いてみました。

すると、「うん、知ってるよ。でも、直接話したことはない。でも、彼のクラブもう閉店してるよ?だから、君に何の仕事をオファーするって言うんだろう?」

来た、これ怪しい奴だー!と確信したわたしたちは、この男が一体わたしに何を求めているのか気になって仕方なく、とりあえず返信してみることに。笑

「いつ行くかはまだわかりません。でも、あなた、わたしにどんな仕事をオファーできるんですか?」と聞くと・・・

「俺のモータークラブのカレンダーのモデルをやって欲しいんだ。ちょうどアジアの女の子のモデルを探しててさ」

「そんなのわたしやりません」

「じゃあ、君の友達でどっかアジアの子いないの?中国とかさ」

ここで堪忍袋の緒が切れたZが、「俺が返信する」と、わたしの代わりにポーランド語で返信

「お前いったい何を目論んでるんだ?俺の彼女はただ純粋に仕事が見つけたくてメールを送ったのに。何かおかしなことを考えてるなら今すぐ消えうせな!」

すると、向こうもムキになって応戦・・・

「俺だってただカレンダーを作りたいだけだよ!馬鹿なお前のせいで、彼女が大金をGETできなくて残念だったな!それにお前、今誰がこのメール書いてるのか知ってるのか?よろしく」

アホ丸出しか

俺はマフィアの一員だぜとでも言いたかったのでしょうか。

もうタダのアホ男ということが判明したので、返信はしませんでした。

そもそも、何でメールじゃなくてわざわざFacebookから連絡してきたのか。

この男のFacebookページを見ると、女の人と仲睦まじく写った写真がたくさん載っていました。

Zの推測によると・・・

きっとこの女性はこいつの彼女で、おそらく彼女はこいつのPCメールをいつもチェックしている。でもこのアホ男は隙あらばほかの女に出を出そうとしているチャラ男。そんなときに君がこいつにメールを送ったもんだから、奴の下半身に火をつけた。だけど、彼女にチェックされない別の手口で君にこんなオファーを送ってきたんじゃないか?もしこのオファーメッセージを彼女に送ってやったら大変なことになると思うけど、もうこれ以上面倒を起こすのはやめよう。

ということでした

それにしても、どこの国にもこういうアホな男はいるんだなぁとしみじみ思わせてくれる一件でした。笑



そんなアホ男に負けるな!とわたしを応援してくださる心優しいお方は、バナーをワンクリックしてあげてくださいませよろしくおねがいいたいします〜

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚ランキングへ


posted by ざれうすか at 09:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする