2016年05月31日

日本人のポーランドでの住民登録手続き

今日は、Zのお母さんと町役場に住民登録に行ってきました。

ホテル・ホステル以外に滞在する人は、ポーランド入国後48時間以内に役場に届け出なければいけないんですね〜

はい、もうZ家に来てから1週間以上たっていますが

なんならZのいとこんちも入れたら入国後2週間近くたっていますが。笑

正直、この住民登録なのですが、やらなくてもどうにかなってしまいます。(わたし、前回Z家に1年近くお邪魔していた時は申請にすら行きませんでしたから…)

でも、正々堂々とポーランドで胸を張って過ごしたい方は、住民登録しておいたほうが良いと思います。

良いと思うというか、一応ちゃんとした決まりなので、本来はやらねばならぬのですな



Z家の家主は、アル中父さんではなく、Z母さんです。

Z母さんのそのまた母さんが昔購入したフラットなのです。そうです、古いのです。

で、Z母さんが事前に、役場で働いているZ弟の彼女に聞いてみてくれたそうですが、「2週間以内に申請すればいいんだよ」とのことらしいです。

でも、アテにしないでください、在ポーランド日本大使館のHPには「48時間以内」という記述があります!(こちら

彼女の言った2週間以内というのは、もしかしたら知人割引的なものが利いたのかもしれないし(笑)

そして、今日Z母さんと役場へ。

必要なものはこちら

・住民登録したいあなたのパスポート
・お邪魔になる家庭の家主のIDカード
・家主の証明書

今朝Z母さんが、廊下にしゃがみこんでガサゴソ書類をいじってるな〜と思っていたら、家主証明書を探してくれていたんですね〜。

Z家から近所の町役場までは徒歩3分ほど。

小さな小部屋に入ると、女性がひとりでPCの前にデンと座っていました。

「どうも〜!また来ちゃった!」とずいぶん気さくな様子のZ母さんと、「どうもどうも〜」とこれまた気さくな職員さん。

なんと、Z母さんは、朝のうちに役場に行ってわたしが記入しなければならない用紙をもらい、その後わたしに書かせたその用紙を再度役場に持って行って、あらかじめ不備がないか確かめてくれていたのです!

そういえば、昼過ぎに「ここ書き直して〜」って、新しい用紙に書き直させられたなぁ・・・とのんきに思い出すわたし。

ということは・・・Z母さん本日3度目の役場訪問か

Z母さんがわたしの住民登録のために何度も役場を行き来している間、わたしは家でプリンを食べたり猫を追いかけたりZの靴を自分のリュックサックに入れて洗濯機で洗ったり(←このやり方最初はびっくりしてZの人格を疑いました)、のんべんだらりと過ごしていたのですね

こんな世界のどこに行ってもしょうもないどら娘に世話を焼いてくれるZ母さんと日本のわたしの母さんには本当に感謝してもし切れんっ



話を戻して、事前にZ母さんが入手してくれていた用紙は、役場に行ってその場で書くこともできると思います。

自分の名前、生年月日、生まれた場所・国、いつからいつまで滞在するか、日本での住所などを書きました。家主が家主情報を書く欄もあります。全部ポーランド語でよろしくとのことでした。(とはいえ、住所や名前を書くだけなので、ポーランド語のライティング能力は関係なし

そして役場の窓口でもまた用紙を渡され、そちらにはやはり名前と生まれた場所、両親の名前を書きました。(親の旧姓も書かされました)

そして最後にサインをするのですが・・・

クレジットカードのサインのように、日本語で書いたほうが良いのかな?とか無駄な気を遣わせたわたしは、「日本語で書くんですかい?」と聞くと、「うん、日本語でもいいよ」と返されたので漢字で名前を書くと・・・

「お〜〜〜!すご〜い!すんばらしいね!」と職員さんもZ母さんも大喜び

しかしその後、「はい、その下にローマ字でも書いてくださいね。で、こっちのサインはローマ字で書いてね」と言われたので、ただ単にふたりが日本語表記がどんなだか見たかっただけだったんですねぇ



そんなこんなで、あっという間に登録おしまい!

手続きがスムーズにいくように朝からせわしなく行ったり来たりしてくれたZ母さんに大感謝

手続き後、何か証明書のようなものがもらえるのかな?と思っていたのですが、何も渡されませんでした。

ただ、住民登録は済んだので、今後ポーランドで仕事を見つけて、雇い主に住所を求められたら証明書を取りに役場に来てね、とのことです



気に入ったらor役に立ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

オランダへの1日出稼ぎの成果

ワルシャワからZの家にやってきてから、もっとも一緒に過ごす時間が多いのが・・・

Zのお母さん!笑

Zはたいてい週5で仕事に行って、夕方の18時頃に帰ってくるので、必然的に昼間はお母さんと出掛けたりします

そしてZのたまの休みのおとといと昨日は、オランダでのライブに費やされてしまったので、次のZのお休みまではまたZのお母さんと過ごします



そして、おととい昨日はお母さんと近所の庭の草むしり。

13318741_1701567656777626_695047216_n.jpg

朝晩は涼しいポーランドも、ここのところ日中は暑い暑い

日向で草をむしろうもんなら、10分くらいで汗びっしょりになります

しかも、二人とも無給で草むしりしているので、Z母さんとず〜っと「金はどこだ金はどこだ!Zはオランダでいくら稼いでくるかねぇ」とつぶやきながらむしっていました。笑



そういえば、おとといはちょっとしたハプニングが・・・

1.5リットルの水のペットボトルを庭へ持って行ったのですが、これがあかない!!

2人でどんなに頑張ってもびくともしないのです。

前から思っていたのですが、ポーランドのペットボトルはあけづらいものが多いです

わたしは握力が利き手でも17くらいしかないので(笑)、あけづらいペットボトルに当たったときは本当に困る

(しかし握力17って・・・最後にはかったのは大学生?高校生?のころですが、きっと今も変わらない気がします

Z母さんが、草むしり用のカマで蓋の部分に傷をつけて切れ目を入れたけど、あけづらさはなおも変わらず・・・

Z母さん、薬が飲みたかったので、「も〜〜〜!なんで〜〜〜!!」と地団太を踏んで、最終的には「もういい!怒ったよ、あたし!水なんか飲まないっ」とすねてしまいました。笑

わたしがどうにか非力を振り絞ってあけようとすると、「ざれうすか!そんな水ほっておきな!手が痛くなって終わりだよ!あんたのそんなアウシュヴィッツから来たような細腕であけられるもんかい」と・・・

日陰に腰かけてすねるお母さんがなんだか可愛かったです

Zが感情豊かなのはお母さん譲りかな・・・?と思いました

結局、このペットボトルは帰宅してからアル中父さんが一発であけてくれました。笑




さて話は変わって、往復1,600キロの車の旅(しかも4人乗りの小さな車・・・)で、ライブでオランダまで行ったZバンドご一行様。

滞在時間、実に24時間もないのに、こんなに時間をかけてライブに出演しにいったのは、

ギャラから往復のガソリン代を引いたとしても儲けのほうが多いので出演を決めたということ

で、結局いくらもらったのかというと・・・

340PLN(約10,000円くらい)!

わざわざそんなに苦労したのにっ!?とも思うかもしれませんが、ポーランドでは大金

そして、ライブもなかなかの盛り上がりだったようで、Zも満足したみたいです。

小規模なライブだったようで、なんとZのバンドが大トリだったとか・・・

ライブを観に来ていたオランダ人メタルファンに「あんたのプレイ最高だったよ!あのブラストビートどうやって叩いてるんだ!?さてはあんた、Infernal Warのドラマーかい!?あんなプレイができるのはあいつくらいだと思ってたぜ!」と大絶賛されたとか

楽屋裏の写真も送ってきてくれました。

13293063_1734787950069091_1072805259_n (1).jpg

なんだかとってもオシャレ
13318929_1734787980069088_1185715556_n (1).jpg



気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


posted by ざれうすか at 18:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

ポーランドではタトゥーをしていても仕事が見つかる?

前にポーランドでのタトゥーの話をしましたが・・・(タトゥーと徴兵制の話

先日、わたしがZに「わたしのお母さんはタトゥー入ってる人怖いって言ってるから、あんたの腕のタトゥーの写真は見せたことあるけど、実際に見たら驚くかもね」と言うと・・・

「ふん・・・。日本ではタトゥーが入ってると、ヤクザか犯罪者だと思われるんだろ」と

「いや、最近はそうでもないけどね!わたしのまわりにはタトゥー入れてる人結構いっぱいいたよ。あたしんちは田舎だから、ただ免疫がないだけだよ」とフォロー

すると、Zはおずおずとこう言いました。

「新しいタトゥー入れたいんだ・・・」

「はっ!?もう両腕にあるじゃん!もっと入れたいんかい!」

「うん、だって、(右の二の腕のトライバル風タトゥーを指差して)もうこれなんて20年以上前に入れたから色も古くなってるし、二の腕だけじゃなくて肘から手首までこのタトゥーを増やしたいんだよ。そんでこっちのこれ!(左腕のエイリアン風のメカニックなデザインのタトゥーを指差し)これはもう15年前に入れたやつだけど、完成してないんだよ!1回施術しただけで、彫師が逃げやがったんだ!これは本来なら色を入れるはずだったんだよ・・・」

「でも、色入れると年月がたつにつれて色があせるから定期的にメンテナンスしなきゃだよ?」

「うんっ!それでもイイッ!色入れたいんだよ!あと、背中の方にも入れたい!は〜、日本のことは良く知らないけど、ヤクザのタトゥーは俺のなんかと違って超芸術的なんだろ?カッコいいよな〜。ざれうすかもなんかタトゥー入れたい?」

「わたしも首の下に入れたいな〜と思ったことあるけど、痛いの苦手だから遠慮しとく。両親も泣くだろうし。笑」

そんなわけで、自由に使える1,000PLNがあったら、知り合いのタトゥーアーティストにお願いしてどんなデザインができるか相談してみると言っていました

自由に使える1000PLN(約3万円ほどですが・・・)を手に入れる日はいつ来るのだろうかね、Z氏・・・




しかし、ポーランドでは本当にタトゥーが市民権を得ているなぁという感じがします。

これはZも驚いたそうですが、職場でいつものように列車の清掃を終え、鉄道職員にサインをもらいに行ったら、その職員の女性の太ももからひざにかけて、赤いラインのタトゥーが入っていたそうです。

制服のスカートが短かったようでバッチリ見えていたようですが、あれはタトゥータイツじゃなくて本物のタトゥーだったよ〜と驚いていました。

そういえば、Zの弟さんの彼女は町役場で働いているのですが、首の下にタトゥーが入っています。

Zの弟さんもひざ下になぜかモアイとボブ・マーリーらしき人物のタトゥー・・・そして脇腹には「不死」という文字が入っています。

そういや、Zのおじさんも、建設会社のしゃちょーさんですが、ややロン毛で腕におそらく自作であろうショボいタトゥーがたくさん入っています。笑



改めてZに「ポーランドではタトゥー入れてても仕事見つかるの?」と聞いたら、「顔面にタトゥーが入ってたり、全身ピアスだらけとかじゃない限り、たいていは大丈夫だよ」と言っていました。

本当かいな・・・と思うのですが、知り合いのDHLのドライバーも、手の甲にまでタトゥーが入ってるしなぁ・・・ということを思い出し、あながちZが言っていることも大げさではないのかなと思いました




気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 18:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

思いのほか疲れたポーランドで畑仕事

昨日はZのお母さんとDziałka(ジャウカ)に行って来ました。

ジャウカとは、別荘+畑のことを指すようですが、実際ここらへんでは小さな畑がたくさん集まった場所のことそう呼んでいて、Z家のジャウカには別荘はありません

でも、お隣さんの畑には小さな小さな荷物置き場兼休憩が出来るような屋根つきスペースがあります。

ほかの人のおうちの畑には木で出来た小さな家のようなものが建っていたりもします。

夏場はジャウカでグリル(バーベキュー)をする人もたくさん



昨日は久しぶり(約9か月ぶり?)にZ母さんと畑仕事に行ってきました

Zママがちゃっかり映りこんでしまっていますが・・・畑の様子

13296298_1700952123505846_1139128817_n.jpg

わたしが立っているところにはいちごがあります。

お母さんがいるところには、にんじんやラディッシュなどが植えられていますよ

そして、これはさくらんぼの木

13289085_1700952116839180_588153311_n.jpg

わたしのお気に入りのさくらんぼで、酸味よりも甘みが強いアメリカンチェリー(?)です。

でも残念ながら、今年は不作のようです

あと数週間すれば赤くなると思うのですが、実自体ほとんど生っていませんでした

その代わり、酸味の強い小さなさくらんぼはたくさんなっていました!でも、これは酸味が強くてあんまり好きじゃないかな(なにげにわたしの実家にも同じ種類のさくらんぼの木があります実がなった途端に鳥に食い荒らされてわたしたちが食べる隙を与えてくれない)



昨日はひとしきり草むしりをして、ときどきパンを食べたりコーヒーを飲んだりして休憩

そして、Szczaw(シチャフ)という葉っぱも採りました。

13293257_1700952130172512_326576277_n.jpg

日本では"スイバ"と呼ばれているよう植物で、ポーランドではこの葉っぱを使ってSzczawiowa(シチャヴィオヴァ)というスープを作ります

酸味が強くて、そのままでは食べられないようですが、スープに入れるととってもおいしい酸味の効いた味になります

このシチャフ、野原や道路沿いなど、いたるところに生えているのですが、今の時期が一番旬なのかな?

Z母さんは「なんだかんだ9月くらいまで生えてるよ」と言っていますが、さすがに夏を過ぎるとしなびたシチャフしか残っていません

去年は夏前の今の時期に大量にとって、細かく切って茹でて瓶詰にして保存していました。

シチャフ採集は妙に中毒性があって、「あ、あっちにも生えてる!」「綺麗なシチャフ見つけた!」とか言っているうちに採り始めると楽しくなって、1時間でも2時間でも夢中で採取してしまいます



今日はZはバンドのライブでオランダに行ってしまったので、今日もZ母さんとおでかけです

今日は、近所のおうちの草むしりに行ってきます。

覚えてくれている人もいるかな?こちらの庭です真夏の思い出

昨日は4時間くらい草むしりシチャフむしりをしていたら、おうちに帰ってきてものすごく疲れて、気付いたら寝てしまいました。

ねこも一緒に・・・



13285768_1700952146839177_1242006068_n (1).jpg




気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おびえることなかれ、空港での質問攻め

今日は、ポーランドのワーキングホリデービザに関する話をちょっとしますね

航空券についてのお話です



今回、わたしは片道航空券でポーランドにやってきました。

前にドイツのワーホリビザを取ったときは、往復航空券を購入しました。

なぜかというと、事前に調べた情報に、「片道航空券だと、空港で入国の理由をしつこく聞かれることがあるので、英語や現地の言葉で答えられる自信の無い人は往復航空券を買うのがベター」というような意見を見つけたからです。

その頃は、本当に自分の英語に自信がなかったので、おとなしく往復航空券を買うことにしました。

ただ、往復航空券って実際そんなにお得なわけでもないし、帰路の日時を航空会社に連絡したりしないといけなかったりと、なかなか面倒くさいんですよね。

なので、今回は片道航空券でポーランドのワーホリに挑戦

今回の航空券は、アエロフロートロシアのもので、購入したのは出発の1ヵ月半くらい前でした。

12時成田発、19時ワルシャワ着で、59,000円くらい



そして、心配していた空港での質問攻めですが・・・

まず、成田のアエロフロートのチェックインの時点で、窓口のお姉さんに「お持ちの航空券は片道航空券ですが・・・どのくらい現地に滞在予定ですか?」と聞かれ、「1年くらいです」と答えました。

すると、パスポートをめくり「ワーキングホリデーですね?少々お待ちください、確認してみます」とどこかに行ってしまいました。

1分くらいですぐに戻ってきて、「はい、大丈夫です。ありがとうございました」とチェックイン手続き終了

無事に日本を出発することが出来ました



お次は、到着地のワルシャワ。

入国手続きの際に、やはり窓口のお姉さんに質問されました。

今度は、「英語話せる?」から始まり、「あなたのワーキングホリデーの開始日、7月20日になってるけど?」と毎度おなじみの冷たい表情で聞かれました。笑

「最初の2ヶ月は観光ビザで入国して、7月になったらいったんシェンゲン圏外の国に行って再入国します」と片言の英語で答えたら、急にお姉さんは顔をほころばせて「あ〜、良いアイディアだね」と言って入国スタンプを押してくれました

そんなわけで、ポーランドにも無事に入国できました。

中学生レベルの英語力(←いい加減にどうにかしろよという話ですねw)のわたしでも大丈夫だったので、片道航空券でもまったく問題ないと思います!

もし、片道にしようか往復にしようか悩んでいる方がいらっしゃったら、わたしは片道をオススメしますよん

前回、スカンジナビアン航空の成田〜ミュンヘン間の往復航空券を購入したときは、帰路の空港が変更できないもので、わざわざポーランドから12時間くらいかけてバスでミュンヘンまで行くことになってしまいました。

帰路日を航空会社に電話するために、わざわざSkypeの国際通話有料プランを使ったりと、いろいろ面倒だったので今回は片道です



う〜ん、そんなわたしが今迷っているのは、どこの国にいったん出るか

ポーランド近辺のシェンゲン圏外の国は、お隣のウクライナが一番近くてお手ごろかな

なにげにイギリスもシェンゲン協定に入っていませんが、東欧好きのわたしはスルー

7月になったら、わたしの住んでいる町からウクライナ国境近くの街、Przemyśl(プシェムィシル)行きのバスだか電車だかが出るようなので、それを使ってウクライナまで行こうと思います

おそらく行き先はリヴィウかな〜。

Zも付いて来る気満々なので、のんびり楽しむことは出来なさそうですが・・・



※最近、「ポーランド ワーホリ」で検索してこちらのブログに来てくださる方が増えて嬉しいです!ワーホリビザ取得に関することで、何か不安なことや疑問などがあったら、お気軽にご連絡くださいね。わたしでお答えできることでしたら、ご協力させていただきます



気に入ったらクリックして応援してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


posted by ざれうすか at 04:43 | Comment(10) | TrackBack(0) | ポーランドのワーホリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする