2016年04月28日

ずっと追いかけるからね

しばらく放置していた「メタラーと過ごした10日間」シリーズですが、ついに今回でおしまいです

前回のお話はこちら今から脱ぐよ・・・ドキドキの瞬間



ついに、ついにやってきてしまったこの日。

ずーっと恐れていた、10日間におよぶツアーの最終日。

ツアーが始まる前から、最終日のことは考えていました。

きっと、物凄い喪失感に打ちのめされるんだろうなぁ・・・わたし正気でいられるかな・・・だって、このツアーのために何もかも投げ打ってポーランドに来てしまったんだもん・・・もう東京の部屋も引き払ったし仕事も全部辞めた・・・このツアーが終わってしまったら、どう生きていったらいいんだろう・・・などなど。笑

幸い、仕事が見つからなくてもビザが切れるまでの1年間は暮らしていけるくらいの貯金は持ってきていました。

そんなわけで、お金もある程度はあるし、またこのバンドがどこかでライブをやるとしたら観に来たら良いや、と気楽な考えでもいましたが、それでもやはり不安はた〜くさんありました。



ツアー最終日はカトヴィツェでした。

ブロツワフからカトヴィツェへの移動は、大好きなバンドのバンに乗せてもらえました。

途中、午後2時くらいにガソリンスタンドに停車したとき、キリスト顔のボーカルに少し傾きかけてきた太陽の光が当たっていて、それがなんとも神々しくて、本物のキリストがわたしの斜め前にご降臨されたんじゃないかと思うくらい素敵で、思わず涙が出そうになりましたやっぱりめちゃくちゃハンサムだし、この人。笑

カトヴィツェは、わたしが想像していた以上に都会でビックリしました。

1147.JPG

ライブの前に街をぶらぶら。

1148.JPG

そして、会場に戻ってベンチでのんびりしていると、キリスト顔ボーカルがわたしの隣に物販グッズが入ったダンボールをえっちらおっちら持ってきました。

そして、相当重かったのか勢いよくドンッと置いたので、わたしが驚いて飛び跳ねると、「I'm sorry...ah...Excuse me」と謝ってくれました。笑

わたしが「I'm sorry」でポカーンとしていたらわざわざ言い換えてくれたキリスト様

そして、さりげなくわたしの隣に座って「俺たち、日本でライブをやりたいんだ。プロモーション用のCDを渡すから、君の知り合いのプロモーターに渡してくれる?」と、デモCDを30枚渡してきました。

するとベーシストもやってきて、ボーカルが「俺たち日本に行くぞ!」と言うと、ベーシストも「大統領にも渡してよ!」とノリノリ

この日のことは過去にも書いたので、詳しくはこちらをどうぞ泣かないで



毎日のように見てきた彼らのリハーサルを見るのもこれが最後です。

1154.JPG

前座のZのバンドは楽屋裏の2階から観ました。モッシュが凄かったな・・・

1155.JPG

大好きなバンドの最後のライブ。

1157.JPG

最前列で観ましたが、涙が止まりませんでした。

だって、それまで9日間毎日毎日当たり前のように観てきたライブが、何ヶ月も前から楽しみにしてきたツアーが、これで終わってしまうのですから・・・



ライブ終了後、楽屋裏へ行くとライブを終えた彼らがちょうど着替えているところでした。

大好きなボーカルにお辞儀をして「Dziękuję!(ありがとう)」と言うと、「アリガト!!」と日本語で返してくれました。

そして、わたしがいるにもかかわらず平気でズボンを脱いでパンツ一丁になる彼

普段は隠れて見えませんでしたが、彼のひざ下にはタトゥーが。

「何これ?」と聞くと、「It's tatoo!」と答えられましたが・・・笑

オオカミがライフルの上に乗っている不思議なデザインです・・・

(そういえば、この人、腕にも黒い長方形に水玉模様のようなデザインのタトゥーが入っているので、「何それ?」と聞くと、「雨だよ」というエキセントリックな答えが返ってきました。どう見ても雨に見えませんが、そんなカッコよくもなんともない変わったデザインのタトゥーを入れる彼がわたしは大好きです!笑)

そして、彼の背中にはシロンスク公園のマークと雪の結晶のタトゥーが入っていました。



そして最後の最後、関係者全員でステージに上がって写真撮影をしました。

おかしなタトゥーだらけの大好きなボーカルに「ありがと〜〜!」とハグしてもらい、またまた泣くわたし

(身長が187もあるキリスト様に抱きすくめられる身長152センチのわたしの小人感がスゴイ。。。)

1181.JPG

夢のようなツアーが終わってしまいました。

わざわざ仕事を辞めてまでライブを観にいくようなバンドは、後にも先にもこのバンドしかいないんじゃないかな。

今でも毎日のように聴いているし、何度聴いても飽きなくて、ポーランドにいた間もZとケンカをしたり自分の生き方に迷ったりしたとき、いつも彼らの音楽を聴いて「今わたしは、彼らと同じ国にいて、同じ空気を吸っているんだ」と思うと、その時の悩みなんてどうでもよくなるくらいたまらなく嬉しくて仕方なかったです。

彼らの音楽は、わたしにとって精神安定剤のようなものなのでしょうね。

それに、Zに出会えたのもこのバンドのおかげです。

わたしの人生を狂わせてくれたのも、このバンドかな・・・笑

そんな彼らを、これからもずっと応援し続けたいし、長く長くいつまでも活動を続けて欲しいです!

本当に本当に彼らに、彼らの音楽に出会えて良かった。

そう心から思います。


【終】



気が向いたら応援のワンクリックしてあげてね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


posted by ざれうすか at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタラーと過ごした10日間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めでたくビザが発行されました!

昨日、ポーランド大使館から電話があり、無事にワーキングホリデーのビザが発行されたとのことでした

申請してから発行の連絡をいただくまでちょうど一週間でした

領事部が開いている時間帯で都合のいいときに取りに行けばいいみたいです。

(ちなみに領事部は、平日の水曜日以外は10〜12時、水曜日は14〜16時まで開いています)

動機作文の内容が完全にわたしのマニアックなパッション全開だったので、どうなることかと心配していましたが、無事に通ってよかったです

「ポーランドのバンドを世の中に広めたいんです!」という思いの丈をそのままぶつけたので、こりゃあふざけすぎてるぞ、と却下されるかと思いましたが、もしかしたらあまり内容を確認していないのかもしれませんね

何はともあれ、無事に発行されてひと安心です




先日、Zがわたしの護身用に、「合法の偽者のピストル」なるものをネットで購入したそうです。笑

その際、間違えてオンライン上に登録されていたわたしのクレジットカードの情報を選んでしまったらしく、わたしのカードで支払いをしやがった彼。笑

「ごめんね。本当にごめんね。泥棒じゃないよ、ちゃんと返すから。ただ間違えちゃっただけなんだよ。あぁ、なんという恥だろうか」とひたすら謝って来ました。笑

おそらくBB弾が出てくるようなものだと思うのですが、価格にして345PLN(さっき確認したら10,899円が引き落とされていました)・・・

そんなに安くないですが、背に腹は代えられない(日本語違うかな?笑)

わたしの動画を見て「自殺しろ」「知恵遅れ」と言ってくるメタラーたちへの対策のために購入してくれたそうですが、この手のものはライブハウスへ持ち込めるのかな?笑

荷物検査の無いところもたくさんあるから平気かな

ただでさえアジア人ということでポーランドのライブハウスでは目立つ上、Youtubeで顔出ししているのでわたしのアンチ派に見つかってしまうことは確実です

以前のようにちょっと日本からライブを観にやってきたブラックメタル女子ではなく、ポーランドのブラックメタル界ですこ〜しずつ知名度があがってきたことは、純粋に嬉しいです。

ただ、ライブにはひとりで行かない、泥酔しないように気をつける、知らない人からお酒をおごってもらわない、というZに常日頃から言われてきたことを肝に銘じて、これからはポーランドでのメタルライフを楽しまないと、リアルに身の危険を感じそう

(↑このどれも守ってなかったからね



刺されたりするなよ〜と心配してくださる方は、応援のクリックをお願いします

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 13:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポーランドのワーホリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

わたしに会いに来ませんか?笑

いつもブログを読んでくださっている方で、都内、もしくは都内近郊にお住まいの方にちょっとしたお知らせです

5/5(木)こどもの日、新宿ゴールデン街の某バーで一日店長をさせてもらうことになりました

先日の火事で被害に遭ってしまったお店とは別のお店の方から声をかけていただき、一日限定でお店に立たせてもらうことに・・・

時間は19時から夜の2時の予定ですが、おそらく朝方まで開店していると思います

もしこの日、特に予定も無く、ちょっとざれうすかという女がどんな奴なのか気になる、という方は飲みにいらっしゃいませんか?(お酒だけではなく、ソフトドリンクもありますよ

コメントかメッセージでご連絡先などをいただければ詳細をお教えします。

(コメントにアドレスなどを書いていただいた場合は、そのコメントは非公開にいたしますのでご安心くださいね

今までゴールデン街に来たことのない方も、わたしがどんな人間かチェックしたい方も(笑)、ぜひこの機会に会いにきていただけると嬉しいです



そういえば、この間、イモトアヤコさんの本を読んでいたのですが、「海外の女性は音高らかに用を足しているので、日本でトイレに入っても音姫を使うことが無くなった」といったようなことが書いてあり、確かに!と思いました

音姫なんて最後に使ったのいつだろう・・・と、思い出そうとしたけれど無理でした。

あと、トイレ話でもうひとつ。

最近よくポーランドになじみの無い人から、「ポーランドってウォシュレットないよね?そんな国で生きていけるの?」と聞かれるのですが、ウォシュレットってそんなに大切なのでしょうか!?笑

そしたら、50歳過ぎのおじさまが、「歳とると、肛門の括約筋が弱くなるから、ウォシュレットが無いと大きいほうをした後が大変だ。なかなかトイレから出られない」と嘆いていて、あぁなるほど!と思いました。笑

う〜ん、でもわたしは今のところウォシュレットはそんなに重宝していないかな



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 12:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日本での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

ポーランドのワーキングホリデービザの申請方法

先週、ポーランド大使館に、ワーキングホリデービザの申請をして来ました。

せっかくなので、ビザ申請の流れを書き留めておきます。

わたしのこの情報が役に立つか分からないのですが、これからワーホリビザを取得しようとしている方の参考になれば幸いです。

何か質問や気になることがあれば、分かる範囲でお答えしますので、お気軽にコメントやメッセージをくださいね



まず、ポーランドのワーホリビザを申請するには、ポーラド大使館のサイト(こちら)を確認してください。

必要書類などは随時変わることもあるようなので、最新情報をチェックするようにしてくださいね

とりあえず、わたしが申請したときの必要書類はこちら↓

a) 日本国旅券(残存有効期間が少なくとも 1年3ヶ月以上あり、見開き2ページ以上未使用であること)
b) 査証申請書(3,5x4,5 cmの6ヶ月以内に撮影された写真1枚)
c) ワーキング・ホリデー制度利用に際しての動機作文(A4用紙1枚、書式自由、日本語・英語・ポーランド語のうちいずれかの言語で作成すること)
d) 購入済みの往復航空券、旅行会社あるいは航空会社発行の往復航空券予約確認書、航空券を購入するのに十分な資金を有する証明書類(次項eを参照)のうちいずれか一つ
*査証申請時に航空券を購入している必要はありません。
*査証手続きの遅延、査証の発給拒否等により、購入済みの往復航空券が使用できなくなった場合においても、駐日ポーランド大使館は一切の補償を致しません。
e) 直近3ヶ月の預金高を証明する書類
*預金口座通帳(確認用)とその写し(提出用)もしくは銀行からの預金残高証明書
f) 滞在計画書(日本語・英語・ポーランド語のうちいずれかの言語で作成すること)
g) 滞在の当初の期間をカバーする海外旅行保険加入証明書、およびその後の任意健康保険への加入もしくは海外旅行保険の期間延長の意志を表明した署名入りの宣誓書(事前に滞在全期間をカバーする保険に加入した場合は必要ありません。)

*上記のほかに、追加書類の提出もしくは面接を要求されることがあります。

b)の査証申請書は、申請する日を予約する際に"e-Konsulat"というサイトに情報を記入するのですが、その時記入した情報を印刷した4枚綴りの紙のことです。
わたしはコンビニでこの用紙をプリントアウトしようとしたら、印刷機が自動的に「B4サイズで2枚を1枚にして印刷しますか?」と聞いてきてくれたので、お、気が利くね〜20円安くなるしこれで印刷しちゃおう〜と安易にB42枚綴りを選んでしまいました。笑 しかし、大使館の方に渡したら「これではダメです。A4サイズのものを用意してください」と言われてしまいました・・・でも、わざわざ「ちょっとやってみますね〜」とB4をA4サイズに印刷しなおしてくれましたこんなお手数をかけさせないためにも、皆さんはケチらずA4サイズを4枚つづりで用意していってくださいね

そして、c)の動機作文と、f)の滞在計画書ですが、事前に大使館にダメ元で「どのくらい具体的に書いたらいいんですか?」と質問したところ、「お教えできません。ご自分でお考えください。きちんとしたもので、領事を納得させられるものなら大丈夫です」という返信が来たので、みなさまご自分でお考えください。笑
しかし、動機作文はともかく、滞在計画書なんてさっぱりわからなかったので、わたしは、韓国のワーホリをされた方のものをネットで見つけて、それを参考に書きました。いついつ語学学校に行く予定、いついつどこに旅行する予定、とかその程度のことを書けばいいようです。
日本語で受け付けてくれる、というのが良心的ですよね!フランスは、滞在計画書はフラ語か英語で書かなくてはいけないみたいですもんね。

e)の、直近3ヶ月の預金高を証明する書類ですが、わたしは通帳の預金額がわかるページをコピーして持って行きました。3ヶ月以内に出入金があったことがわかるようにしておいてください。また、通帳の口座番号が載っているページもコピーして提出してください、とのことでした。

g)の保険に関しては、クレジットカードに付帯されたものが3ヶ月までなら使えるようなので、電話して自宅に英語の証明書を送ってもらいました。
1年間すべてカバーできる保険に入った方は問題ないのですが、わたしのように3ヶ月で期限が切れてしまう保険を選んだ場合、3ヶ月目以降は自分で現地の保険に入る意思表明をする宣誓書を用意しなくてはいけません。わたしも、事前に用意しておいたのですが、すっとぼけてすっかり大使館に持っていくのを忘れてしまいました。すると、「今、見本を渡しますので、それを参考に書いてください」と、大使館の方がその場で白紙と見本を出してくれました!見本どおりに手書きで宣誓書を書いて事なきを得ました。またもやここでも迷惑をかけるわたし。笑

あと、証明写真!これはサイズが3,5x4,5cmなので、パスポートの写真と同じサイズです。履歴書用のサイズではないのでお気をつけくださいねわたしは、iPhoneアプリを使ってコンビニで格安で印刷できる証明写真を使いました。200円でパスポートサイズのものが4枚印刷できます。背景が無地の場所を探して、スマホを使って自分で撮影したものをコンビニで証明写真として印刷できる優れものです。ただ、写真屋さんで撮るようなしっかりしたものに比べると劣るので、心配な方はちゃんと写真屋さんに行ったほうがいいかも・・・



はい!

そして、先にも申し上げた4枚綴りの査証申請書を手に入れるためには、"e-konsulat"というサイトから、必要な情報を記入します。

(情報は書き間違えてしまっても、申請時に大使館の人がチェックしてくれるので、そこで直せます。)

このサイトで、ビザを申請しに行く日も予約できます。

(予約後に、訪問日を変えたい場合は、大使館に連絡して、いったん予約をキャンセルしてもらわないといけないようです。そして、再び予約できるのはキャンセルから24時間後だそう。その際、また情報記入を一からしなくてはいけないので、結構面倒ですね

ちなみにわたしの場合、ワーホリが始まるのは7月半ばからですが、 できるだけ長く滞在したかったので、最初の2ヶ月は観光ビザで入国します。

ワーホリの申請ができるのがビザ開始予定日の3ヶ月前、ということだったので、4月に申請して5月の半ばにはあちらに向かいます。

ただ、観光ビザからワーホリビザに切り替わる時点で、シェンゲン協定外の国にいったん出国して再入国しなければならないようです。

パスポートにハンコが必要ということですかね

わたしは今のところウクライナ行きを予定しているのですが、果たしてZがOKを出してくれるか・・・笑

でもとにかくシェンゲン協定外に一度は出国しなくてはならないので、うだうだ彼のペースに巻き込まれている場合ではないですね、今回は!笑



ポーランド大使館の領事部の受付は、月〜金の平日しか空いていません。

土日、また日本、ポーランドの祝日は空いていないので、大使館のHPで適宜確認してくださいね。

また、平日はだいたい午前中しか空いていないのですが、水曜日のみ午後の14:00〜16:00が受付時間になっています。

わたしは水曜日の14時に予約をしました。

ポーランド大使館は中目黒駅から歩いて20分くらいの住宅街の真ん中にあります。

14時になる20分くらい前に到着したのですが、門は開いていませんでした。

時間になったら開くのかな、と思ったのですが、誰も出てこず・・・

自分でピンポーンとチャイムを鳴らしてから中に入るようです。

荷物検査などは特に無く、すんなり入れてビックリ!

(前にドイツの大使館に行ったときは、厳重な門みたいなのをくぐって、荷物検査もされたので・・・)

わたしが申請しにいったとき、やは同じくワーホリビザを申請しに来ていた男性がいました!

少しお話ししたら、もうお仕事も決まっているとのことで、うらやましい限りです!

貴重なワーホリ仲間(?)ともっといろいろとお話したかったです〜

もしあのときのお兄さんがこのブログを見ていたら、コメントでもいただけないかしら・・・

あのときのお兄さん、革ジャンにベレー帽をかぶった女を覚えてらしたらコメントください!笑



ワーホリビザができるまではだいたい1週間〜10日程度だそうで、ビザが出来次第、電話で連絡をくれるそうです。

大使館の方、女性二人が対応してくれたのですが、丁寧なおかつ親切に対応してくださって助かりました!

「何あんた申請書B4サイズで印刷してきてんのよ、カス。もっかい出直して来い(チッ←舌打ち)」くらいの対応をされるのでは・・・と恐れていたのですが、ま〜ったくそんなこともなく、臨機応変に対応していただけて本当にありがたかったです

あとは連絡を待つのみ・・・!

無事に取得できますように!!



気が向いたらクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


posted by ざれうすか at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランドのワーホリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

彼氏が住所不定だった件

アメリカ人と結婚する予定の知り合いの女性と話していて、「外国ってお役所仕事が適当だよね〜!」という話になりふと思い出したポーランドでの出来事・・・

去年の10月、ポーランドで総選挙がありました。

Zは、投票しにIDカードを持って近くの投票所に行きました。

すると、なにやらちょっと怒った浮かない顔をして戻ってきた彼。

「どしたん!?ちゃんと投票できた?」と聞くと、

「ハッ、投票できなかったし、無駄に恥かいたよ」と・・・



なにやら、投票所のスタッフに「あなたの名前が帳簿に存在しません」と言われたそう。

そうなんです、彼は約10年前にに作ったIDを持っているのですが、そのIDの住所が数年前まで元奥さんと住んでいたアパートの住所のままなのです。

(ポーランド人は全員、身分証明書としてIDカードを持っています。10年ごとに更新?のようです)

その上、元奥さんが彼の住所を同棲していたアパートから外したため、Zは実質住所不定状態



でも、わたしも彼も納得がいかないことが・・・

数ヶ月前、彼は住所をきちんと今住んでいる場所に変えようとして、市庁舎に行きました。

そこで、スタッフのおばさんに「あぁ、あなたのIDカードは来年で更新ですね。なら、今はそのIDの情報は特に変えなくて良いですよ。で、あなた次回の選挙行きますよね?ちゃんと次回の選挙で投票権を確保するために、こちらでデータだけは新しい住所に変えておきますね」と言われたそうです。

これだけだと、彼はIDカード上は過去の住所ですが、公のデータ上は今の新しい住所、ということになりますよね。



でも、それが違ったんです。

どうやら、市庁舎のスタッフは「次回の選挙(総選挙の数ヶ月前に行われた大統領選挙でした。就職活動などにかぶって彼は行かなかったのですが・・・w)の時だけ、不都合が無いようにあなたの住所を変えておきます」ということだったそうです。

そんなわけで、大統領選挙のためだけに一瞬だけデータが変えられていたものの、それから数ヵ月後の総選挙の時点では、彼の住所はデータ上では変わっていなかったのです。笑

彼はデータ上の住所=公の住所は、ちゃんと更新されたものだと思って行ったのに、

投票所で「いや、あなたのデータは全く無いですけど・・・」と言われ、ビックリ&恥をかいた!!と怒っていました

(小さな町のせいか、投票所には知り合いがいっぱいいたようで、見られたくないところを見られてしまった・・・といったところでしょうか



前回の選挙に行かなかった彼も彼ですが、この市庁舎の対応も一体どうなんだろうか・・・と感じてしまいました

Zも正真正銘のポーランド人ですが、こういった意味不明な対応は理解できないようで、だいぶご機嫌斜めのようでした


今後ポーランドでしばらく生活するにあたって、Zと一緒に「Ku〇wa」連発することが増えるだろうなぁ・・・笑


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村



posted by ざれうすか at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランド生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする